ガスコンロ・ビルトインコンロの施工業者ランキング

ホーム > ガスコンロ情報 > 最近のガスコンロは高齢者にも安全

最近のガスコンロは高齢者にも安全

年々、高齢者の方が増加傾向にあるというニュースが取り上げられていることがあります。
親元を離れている家族には最近有名なコーヒーマシーンが人気があるそうです。
というのも、相手がそのマシーンを使ってコーヒーを飲むと相手にお知らせが届くからです。
もちろん、普段から電話やメールなどでやり取りをしていても、偶然同じ時にコーヒーを飲んでいたりすると嬉しくなるでしょう。
ただ、やはり日常生活をしていて心配なのは火元です。
点けっぱなしや油汚れなどでコンロが汚れていると危険です。
それが今の最新のガスコンロではIHの方では一定期間、鍋を置いていないと電源が切れる、火力を自由に変えられるガスコンロの方でもセンサーで火をストップしてくれるようです。
どちらも、サッと拭き取るだけでキレイになるようなトップコートですから、こまめに掃除をしておけばギトギトになることがありません。



利用者がいなくなる気配はないガスコンロ

オール電化という言葉を当たり前のように聞くようになりました。
家中で使用するエネルギーはすべて電気という家庭はめずらしくはなくなっているようです。
電力会社も様々なプランを設定し、各家庭の電気の使用状況によってそれぞれにお得なプランを提示しています。
電気は火が見えない点では安心だという人もいます。
クリーンなエネルギーという印象を持っている人も多いかもしれません。
以前であればキッチンで調理する器具はガスコンロと決まっていたと言っても言い過ぎではないでしょう。
けれどもオール電化にすればガスコンロは必要なくなります。
それを便利だと考える人ももちろんいますが、反対にどうしても電気だけにはしたくないという人もいます。
ガスは火力の強さがメリットで、料理は電気よりも美味しいと言われています。
何よりも炎が見えるほうが良い、火が出ることでこんがりと焼けた料理が好きだという人も多いので、オール電化が浸透したからといって、ガスコンロがなくなってしまう心配はなさそうです。



ガスコンロは機能よりお手入れが重要視

ガスコンロは簡単設置が可能なテーブル式と、そうでないビルトイン式の2つに大きく分けることができます。
そのうち近年の台所の主流はビルトイン式になっています。
このビルトイン式のガスのコンロを買う場合、一番重要とされる視点はコンロの火に関する機能よりもお手入れのやりやすさがはるかに要求されることになります。
というのはこのお手入れのやりやすさを実現するための材質次第でコンロの値段も大きく変化をするからです。
そのコンロのお手入れで真っ先に目に見える部分は天板部分となります。
この天板部分の材質は昔はホーローが当たり前だったのですが、今ではそれよりも高価なガラストップ式が主流になりつつあります。
この天板部分は毎日掃除する場所でもありますが、ホーロー材質よりもガラス材質のほうがわずかな洗剤で表面に傷をつけることなく簡単に掃除ができるからです。
ホーローなどほかの安価な材質では、一度傷が入るとそこから塗装がだんだん剥げていき、見た目の劣化を助長させることになります。
だから塗装のないガラストップ式のほうが10年を超えて見た目の価値と掃除のやりやすさを維持できるから重宝されることになります。