ガスコンロ・ビルトインコンロの施工業者ランキング

ホーム > ガスコンロ情報 > ガスコンロはきちんと寿命と交換の時期を見極めよう

ガスコンロはきちんと寿命と交換の時期を見極めよう

 ガスコンロって毎日使用するものではありますが、なかなか寿命が来るまで使い続ける人っていないですよね。長く使い続ければ、当然ですが交換をしなくてはいけなくなります。
 では、そのタイミングはどのようにして見極めれば良いのでしょうか。一般的なガスコンロであれば、寿命は10年から15年程度だと言われています。
 小まめにお手入れをして、丁寧に使い続ける事ができれば、15年以上使う事は出来るでしょう。コンロで調理をすると、どうしても料理の吹きこぼれや焦げが生じてしまいます。
 これは当然の事ではありますが、これらをそのままにしてしまいますと、早く壊れてしまう可能性がありますので、注意が必要です。
 ガスが出る穴は出来る限り細かくチェックをして、穴が詰まったら取り除いてあげるようにしましょう。汚れたまま使用してしまいますと、早く壊れてしまう可能性が高くなりますよ。


 では、交換のサインとは一体何なのでしょうか。いくつかありますが、きちんと掃除をしているのにも関わらず、火が付きにくくなりますと、壊れるサインだと考えてください。
 また、火力の調節が思うように出来ずに、酷い場合は使用途中に火が消えてしまうといった症状が起きている場合には、直ぐに新しいコンロを購入したほうが良いでしょう。
 故障しかかっているコンロを、頑張って長く使い続けてしまいますと、知らない間に有毒なガスが漏れてしまうリスクがあります。部屋を占めっぱなしにしていることで、その有毒ガスを吸い込んでしまう事もありますので、非常に危険です。
 また、タバコなどを吸う際に、ライターに火をつけた瞬間に、爆発をしてしまう可能性も考えられます。新しいコンロは、安全装置が付いているものが殆どではありますが、故障しかかっていると、正しく作動するかどうかも判断出来ません。
 少しでもおかしな症状が出た場合には、直ぐに新しいのを購入するようにしましょう。


 コンロに付いてしまった汚れをキレイに落とすには、料理をした直後の、まだ熱いうちにサッと拭いてしまう事をおすすめします。調理後は火を使った直後になりますので、熱くてやけどをしたくないので、なかなか掃除をしたがらない人が殆どです。
 ですが、火が覚めてしまいますと、汚れがコンロにこびりついてしまいますので、かえって掃除に手間が掛かってしまいます。
 コンロのお手入れのために、毎日5分でも良いので、掃除の習慣を付けるようにしましょう。そうすれば、コンロの寿命も延びて、安心して使用し続ける事が出来るでしょう。